今何ヲ念フ

世の女性の37億分の1、私の気持ちの備忘録

悲しみが薄れる事を知ってしまった件

今悲しくても

その気持ちがちゃんと薄れていくことがわかってしまった

 

悲しみに対してそう思えるようになった事

それは私にとって

 

死ねないということ

ギブアップできないという事

 

嗚呼、退路なし

 

 

大切な家族が死んでも

大切なネコが死んでも

大切だった恋人と別れても

大切だった家族と家族でなくなっても

友達だと思っていた人が自分の悪口を言っていたと知っても

急に会社が倒産しても

iPhoneが壊れてデータが消えてしまっても

 

死んでしまいたい、これ以上辛いことなんてない、と思っていた

巻き戻せない出来事

 

こんなに辛いことなんてないと思っていたけど

なんだかいつの間にかその辛さも薄れてしまって

今普通に生きている私

 

悲しみも

辛さも

怒りも

やるせなさも

なんだかいつのまにか薄れていたよ

 

感情は薄れる

痛みも薄れる

血は止まるし

傷跡は残っても痛まない

 

それがわかってしまったから

全ての事象に対して執着がなくなってしまった自分

 

もう

知ってしまったから仕方ない

 

悲しいけれど

それはずっと続かないし

ちゃんと薄れるし

なんだかんだで生きてしまう

 

そうそう死なないんだな、私